歯科医院における手書きDM活用例

投稿日:2018年4月8日 更新日:

この記事をご覧いただいているかたは、
歯科医院関係者のかたかと思いますが、

レスポンスがよい集客方法として、
ダイレクトメールの活用をオススメいたします。

私が通っている歯科医院さんからも
定期的にお葉書を頂きますが、
毎回手書きでとても嬉しい気分です^^

手書きDMと相性が良い理由

患者さんは
いつ自分が歯医者に行ったか
を覚えていないため、

歯石メンテナンスのお知らせ
などを定期的に行うことは有効です。

一定期間来ていない顧客に対し
虫歯の早期発見の重要性
を伝えることで

定期的に通院してもらえる
リピーター獲得に繋がります。

「80歳20本」
などのような目標設定を顧客と共有し、

継続的な検診を促す
といった手法も反応率は高いです。

歯は健康診断のように
定期検診が基本的にはありません。

私もそうなのですが、
歯医者に自分が以前いつ行ったか
を患者自身が覚えていないことが多いため、

歯科医院から届く、
定期的な手紙や葉書は顧客に喜ばれます。

歯科医院での活用シーン

  • 歯石メンテナンスなどを定期的にお知らせ
  • 一定期間来ていない顧客に対し虫歯の
    早期発見の重要性を伝える
  • 8020運動を促す

1989年より当時の厚生省と
日本歯科医師会が推進している

「いつまでもおいしいものを
食べ続けるための元気な歯を守る」

といったスローガン「8020運動※」
というものがありますが、

(※ハチマルニイマルウンドウ
80歳で20本の歯を残しましょう、
というものです。)

そのような目標設定を
顧客と共有し、継続的な検診を促す。

患者に訴求する手書きDMを作成するための考え方

歯医者は、基本的には行かなくとも
一見問題ないように見える場所です。

ただし、長期的にはメンテナンスや
定期的な検診は非常に重要ですよね。

しかしながら、重要ということを、
認識していない患者さんが多いため、

歯科の定期健診がいかに重要か
ということを
しっかり伝えるようにしてください。

歯科医院の特性上、
ポジティブな情報をPRするよりも、

  • メンテナンスをしなかったら…
  • 何年も放置していたら…

といったような
危機意識を持っていただける事例
を挙げると効果が出やすいのでオススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
平井

平井

手紙代筆代行アシスタント歴 10年。一般企業にて、採用関連の人事担当者や営業を統括する管理職の経験があり、セールスレターやDM(ダイレクトメール)に記載する文章作成のお手伝いが得意。元人事担当者目線で履歴書や職務経歴書に記載する自己PRの書き方などのアドバイスにも定評がある代筆ドットコムのムードメーカー。特技は日常英会話。

-代筆お役立ちコラム
-, ,

Copyright© 手紙代筆代行 手書きサービス専門店 代筆ドットコム , 2019 All Rights Reserved.